オリゴ糖とヨーグルト

便秘の改善方法に最も重要なことは普段からの食生活です。食生活と言ってもさまざまありますが、その中でも今回みなさんにご紹介させていただきたいのが、オリゴ糖を組み合わせた食生活です。

便秘は野菜不足などが原因で引き起こす病気ですが、オリゴ糖はその点を解消させる役割を持っています。またオリゴ糖だけではなく、オリゴ糖と合わせて摂取することで便秘改善に役立つ食べ物もあります。それはヨーグルトです。オリゴ糖とヨーグルトを同時に摂取することで便秘解消につながります。

ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌を多く含み、この二つの成分は便秘解消にとても効果がある菌なのです。しかし、ヨーグルトと合わせてオリゴ糖を摂取することでその菌を更に増やす役割が働き、同時に生きたまま腸にその菌を届けます。そうすることで生きたままのビフィズス菌や乳酸菌が腸の運動を活発化させ、便秘を引き起こさなくなるという仕組みになっています。

オリゴ糖とヨーグルトの組み合わせは腸内環境を整える上でこれ以上にない成分だということがお分かりになったかと思います。通常の食生活にプラスして、このオリゴ糖とヨーグルトを摂取することでほとんどの方の便秘は解消しますので、今、便秘でお悩みの方もぜひこのオリゴ糖とヨーグルトを摂取してみて下さい。

食生活の改善

食生活の乱れによる便秘の発症は現代の日本ではとても深刻な問題となります。便秘はとても辛いものですので、できることならば誰もが発症したくないものです。しかし、忙しいこの社会では食生活にまで気は遣っていられないというのも事実。今回はそんなみなさんに食生活からくる便秘の原因と解消法についてご紹介させていただきます。

まずは、多くの方が飲んでいるコーヒーなどのカフェイン飲料。カフェインは決して悪い成分ではありませんので、飲まない方が良いというわけではありませんが、カフェインの栄養成分の中には腸の働きを抑制する作用と利尿作用による水分不足という働きがあります。したがって、カフェインの取り過ぎは便秘のもとになります。1日にコーヒーを4杯以上摂取する方は要注意ですので、その半分の1日2杯までに抑えるようにして下さい。

続いては朝ごはんです。朝ごはんは1日のエネルギーのもとになります。また、便秘の人で朝ごはんを食べていない方の比率は食べている方に比べて非常に多い数値となっています。朝ごはんを食べないと腸の働きがお昼ご飯まで活発にならず、便秘のもとになります。もちろん忙しくて朝ごはんを摂取する時間がないという方もいるかとは思いますが、そんなときには手軽に食べられるヨーグルトやシリアルなどを摂取して、腸内運動を活発にするようにして下さい。

便秘と食生活

現代の日本では男女問わず便秘に悩まされている人は多いのではないでしょうか?便秘は発症したことがない人にはその辛さが分からず、発症したあとに便秘の本当の辛さが分かる病気です。そんな便秘ですが、発症を起こしてしまう理由の一つとして挙げられるのが、食生活の乱れです。この食生活の乱れは、現代社会の働き方や過ごし方が昔とは異なってきた為、生まれてしまった要因とも言えます。それではこの食生活の乱れを引き起こしてしまった原因とは一体何なのでしょうか?

まず、一つ挙げられるのが、コンビニ弁当や外食産業の発展による外食中心の食生活だと言えます。なぜこのコンビニ弁当や外食が便秘には良くないのかというところですが、このような食生活はあまり栄養バランスの部分を重点的に考えているわけではなく、いかに消費者がこの商品を選んでくれるのかという視点で作っているため、お肉や揚げ物のおかずが中心となってしまい、野菜の量が圧倒的に少なくなってしまうことに便秘の原因があります。

野菜には腸内を正常に整えてくれる働きがある為、この野菜が不足した食生活を続けると便秘を引き起こしてしまうというメカニズムです。一度や二度なら問題はありませんが、このような野菜不足の生活が続いている方は便秘症候群と言えるでしょう。

そして、ダイエットも便秘の大敵です。ダイエットを始めると肥満のもとである油を摂取することを多くの人は避けますが、オリーブオイルやごま油など植物性の油は適度に摂取しないと腸内の働きを著しく低下させ、便秘を引き起こします。従って、ダイエット中でも植物性の油の摂取は必要で、取らないことにより便秘を発症させ、その便秘がダイエットの効果を低下させることにも繋がりますので、植物性の油は摂取するように心掛けて下さい。